月刊因数分解

です

本日のはてなハイク

Posted on : 2015年9月18日 | Leave a comment

傘がある

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zushonos/20150918/20150918210403.jpg

傘がある

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zushonos/20150918/20150918205748.jpg

傘がある

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zushonos/20150918/20150918205319.jpg

チャック・ノリス伝説

ナポレオンの辞書には「命の保証」の文字はない

空耳ならぬ空目

○ファミスタリターンズ
×ファミリースターリン

サイハーすほんほ

月曜〜水曜で大山(おおやま)に登って、大山(たぶんだいせん)登山のてんそるさんになぜか会えないオフか?そんで板橋方面のあの人が大山(商店街)にいるのにこれまた会えないオフ。

サイハーすほんほ

土曜日はたぶん洗濯やら書類作成やらで出かけないつもりですが日曜以降は気が向いたら海老名以西の大山街道歩きくらいしか具体案がありませんのでどこでも行きますよチラチラ絶望もあれですが天気回復で人出ばっちりっぽいなあ。

傘がある

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zushonos/20150918/20150918122141.jpg

サイハーすほんほ

どうぶつの棚が空じゃないですかヤダー

灯油をあなたに

寝る五斗米道

サイハーすほんほ

10ヶ月ほど使ってきた電話機が、この1ヶ月ほどだろうか、就寝前に満充電→起床時残量90%程度、という状態。
電池消費のグラフを見ると、満充電後の1時間程度で電池残量が10ポイントほど落ち込み、あとは安定(1時間の電池減り1ポイント未満)という傾向にある。アプリ別消費量履歴も予期せぬものが無駄に消費といった様子は見られない。ずっと同じ場所においているので電波状況によるものでもないだろう。
何が原因でしょうか。白いワンピースの黒い長髪女の仕業かな?

サイハーすほんほ

中島みゆきがNobody Is Rightで曰く
正しさと正しさとが相容れないのはいったいなぜなんだ

陰謀

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/bc/SammoHung.jpg/230px-SammoHung.jpg

陰謀

http://farm7.static.flickr.com/6134/6022456050_f6bfb0f17f.jpg

ソロハイク入門


チャック・ノリス伝説

[目次]
命の保証はない

サイハーすほんほ

グロンサンコマーシャルの高田純次タイプ
みみのかたちがすてきね
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zushonos/20150917/20150917122616.jpg

サイハーすほんほ

ネタバレ注意
コモドリターンズはZ映画要素もあってSugeeeeeです

室外機

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zushonos/20150917/20150917115937.jpg

もし わしの みかたになれば

そこでゲーム終了ですよ

今日の夢

南、西、北の三方に窓がある二階の自室。南の窓に何かが当たる鈍い音に気づいて外を覗くと、建物の敷地内駐車場から野球ボール大の球を投げ上げる若い女がいた。白いワンピースに黒い長髪。顔は明るく笑っており、私はそこに狂気を感じる。跳ね返り落ちるボールを拾ってはまた投げ上げる。女は私のことを知っていて、こちらに呼びかける言葉(表情と同じく明るいが、呪詛にもとれる)を発しているようだが、心当たりはない。呼びかけ。どすん。呼びかけ。どすん。
私は大きな声で「やめないと警察を呼ぶぞ」と警告。女は「どうぞ」といった言葉を返し、ボールを投げ続ける。携帯電話機の通話ボタンを押すと、番号を入力する前に相手が出るが、混線したような状態でまともに会話できない。自室北側の玄関扉に施錠していなかったことを思い出し、扉に向かいつつ、混線気味だった電話に「不審な女がいるので対処してほしい」と告げると、「うふふ、じゃあ行きますね」という若い女の声が返ってくる。場所も知らせていないのに。扉に施錠。
ボールの音が止む。自室の西側には駐車場から二階に上がる階段がある。階段を駆け上がる足音。西側の窓は不透明ガラスだが、白いワンピース女の姿が横切るのがぼんやりと見える。
扉の施錠が間に合って助かったと思ったが詰めが甘く、施錠していなかった北側の窓から女が半身をねじ込んできた。「入ったらKOROSU」といった警告を勇ましく発するつもりが、恐怖のためか呂律が怪しい。

ここで覚醒。口の中は乾燥気味でねばついている。寝床のすぐ脇のガラス戸は南側の駐車場に面していて、いつも換気のために少し開けているんだが、閉めて施錠した。


空耳ならぬ空目

○おでんの具
✕おでんの臭

Digest powered by RSS Digest

Category : はてなハイク
Tags :

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.