月刊因数分解

です

本日のはてなハイク

Posted on : 2014年4月17日 | Leave a comment

筆舌に

エリカ様「筆舌に…」

水平線

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zushonos/20140416/20140416184441.jpg

チャック・ノリス伝説

ハリー・ポッターとチャック・ノリス

ケロのおやつについて
うちのケロ(アマガエル)は現在2名。どちらもたぶん隣の田んぼ出身、2年以上経過して今の体格(体長4cm弱)になってからうちに来て、そろそろ3年経過する。
これから冬になるまで、おやつは原則的に家の前で調達する。3cm未満の虫ならだいたい食べる。甲虫とハチ、ダンゴムシは避けるが、進呈していないだけで、もしかしたら食べるかもしれない。
なお、ダンゴムシは、いちど飲み込んだあと吐き出しているのを何度も見たし、丸まったまま硬直したダンゴムシに指を挟まれたケロもいたので、試さないほうが良いと思う。しかし、つついてみるまで私には識別できないワラジムシは主食たりうるので、夏はつつきの季節である。
ほかに、家の前で調達しやすいおやつは、小型蛾蝶、蝿、小型アブ、カゲロウ、小型バッタ、小型イモムスィ(成虫が何かを問わない)、蚊、ユスリカ、大きくなる前のカマキリ、小型クモなど。
ケロと蝿、蛾あたりとの駆け引きがエキサイチングで、食べ甲斐がありそうなので、進呈するために確保するこちらもやり甲斐がある。自分が虫取り網で蛾や蝿を捕まえて喜ぶようになるとは、3年前には想像できなかった。
なお、蝶については、シジミチョウ級が手頃。モンシロチョウくらいまでなら食べるが、羽がでかいのもあってなんというか。
蛾のほうが太いボデーをもっていることが多く、大きさあたりの可食量が多く見えることもあり、また、夜間に捕獲作業をすることが多いせいもあろう、蛾に親しみを感じる。細ボデーのトリバガなんかは飄々とした雰囲気もあるよ!

ひとりごと

ボデーが3cm以下の非甲虫→おおむねケロのおやつ
ただし、ダンゴムシを除く(ワラジムシは大歓迎)
チョウよりガのほうが躊躇なくケロに進呈できるが、生物学的にはチョウとガの区別はないそうで
http://www.moth.jp/jp/documents/text09.html

後ろからぎゅってして欲しいの なんてね えへへ
[ネタバレ注意]

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/strangewa/20081130/20081130215835.jpg
むしろ[2階からぎゅっとしてほしいの なんてね えへへ]に近い


意味不明な事を言うスレ

後ろから目薬

歌が途中で変わる

夏が来る きっとターボジャンプだ

Digest powered by RSS Digest

Category : はてなハイク
Tags :

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.