月刊因数分解

です

本日のはてなハイク

Posted on : 2013年8月29日 | Leave a comment

空をニラにするとスタミナアップ

バニラニラ
http://ecx.images-amazon.com/images/I/81Tgfyfma7L._AA1378_.jpg

クラブっぽくする

はてなハイクだーいすき(LOVE)!

直線的にする

セサミストレート

直線的にする

ロビンマッスグ

意味不明な事を言うスレ

やっぱりイナバ 春遠からじ

新機能

我が家のテレビのリモコンは、度重なる落下試験をクリヤーし、その機能は一切損なわれていません。
あまつさえ、先日から、「振るとからから音がする」という楽器機能を持つようになりました。

内部で何が折れたのやら。


ずしょ

ぼくはねえ決めつけられたりかっこつけられたりしてそれがうけいれがたいとき(たいていそうだ)自分の限られた心当たりや知識から連想するだけでこんなにちがう答えが出たりかっこわるくなったりするんだよというのをお知らせしたくなるんだそのお知らせの手段が駄洒落なんだ

ずしょ

マイカーへのタブレットマウントスィステム工作を思いついて妄想をたくましくしている

猫になってみませんか?

自分のことで手いっぱいです、猫を担うなんてできません

ずしょ

地域だけでなく、身近な話者の影響が大きいに決まっているんだが、鼻濁音できるかどうかは判別の鍵になるはず。何らかの語彙と一致するかもしれんけど。山口県はおおむねできない地域とされていたと思う。注意しないと今でもわからんし、使えるようになるつもりもない。以前の勤務先の同僚(東京育ち)がとてもわかりやすい鼻濁音の使い手であった。

チャック・ノリス伝説

「チャック・ノリス」
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zushonos/20130829/20130829125900.png

おんどりゃあ!

かつて東京都新宿区築地町に本社を置いた、手芸関係の実用図書の出版を中心とした出版社。

共感

なんというサッカーのフィールドプレーヤー養成所!

共感

日中いる建物の洗面所個室(建物でかいのでたくさんある)には、いちいち同じ文面の注意書きが貼ってあって、なにやら細々と書いてあります。
妙な言い回しが多くていちいち気になるのですが、最たるのは
「紙は適量(多からず、少なからず)を使え」
という部分です。
()内の前半はわかるんだが、後半はどのような状況なのか。
同じように感じた人がいたようで、ある日入った個室の注意書きに、ボールペンで疑問符が書き加えられていました。

電車内にて

反対側はシートの端で壁になっているので、そっちに傾いてくれればいいんだが、こっちに傾いてしまうおっちゃん対策に、おっちゃんの肘の下におれの鞄を潜り込ませる作戦が的中だ。
おっちゃんのボデーがおれに直接触れることはなくなったぞ。ときどき鞄が重くなるが。

ずしょ

「気にさわったら」の意味で「傷ついたら」という語彙は若いのう

ジュジャクはどこの空

http://www.tv-asahi.co.jp/douga/images/program/35/8714238c3500a1874596f7d90e8d041a.jpg
星空のどこかに故郷がある

ジュジャクはどこの空

ジュジャク乙wwww

ずしょ

自己主張する、あるいは他人がしているのを見聞きするのは好きなんだが、決めつけられてしかもそいつがキャッチイなんだがじつに正確でないなどというときにうるせえだまれと思ってしまいがち

ジュジャクはどこの空

http://www.town.tobe.ehime.jp/img/top_logo.gif

ずしょ

恐怖の谷で画像検索したら議員先生が出てきた

恐れ入谷の

http://ecx.images-amazon.com/images/I/519W6VE5JGL._SS500_.jpg

アウェー感を味わう

嫁実家は仙台にルーツがあり、血縁者は、石巻のことばはおよそ理解できる。
嫁実家に、嫁父母、嫁、嫁兄、嫁妹と三者の配偶者が集まったとき、「おらほのラジオ体操」がおもしろいということで盛り上がった。

私は、これまで生きてきた半分は山口県で暮らし、半分は東京近郊で暮らしているが、いろいろなところに出かけて、一見客を想定していないであろう散髪屋で散髪してもらうのが趣味なので、いろいろな地域のことばを体感しているつもりであって、また、聞き取りがある程度できると思っている。この「おらほのラジオ体操」は、ネイティヴスピーカーほどでないにせよ、ことばづかいを楽しめた。
嫁兄嫁は、おそらく外出先での散髪趣味はないし、東京近郊での暮らしが長いため、ことばの意味はよくわからんが、聞き慣れたラジオ体操と違うというので楽しんでいた。
嫁妹夫も、おそらく外出先での散髪趣味はないし、東京近郊での暮らしが長い。さらには、幼稚園から大学まで、ある私立の学校に通い、その学校ではラジオ体操の代わりに独自の体操をするならわしだったため、ラジオ体操未経験だという。そのため、「おらほのラジオ体操」のおもしろさが全くわからず、孤立していた。


Digest powered by RSS Digest

Category : はてなハイク
Tags :

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.