月刊因数分解

です

本日のはてなハイク

Posted on : 2013年5月22日 | Leave a comment

いろんな主義があっていい

f:id:zushonos:20130522231729p:image

時間が経つのは早い。

f:id:zushonos:20130522231639p:image

こんな百均はいやだ

http://images1.wikia.nocookie.net/__cb20100612131221/gundamweb/ja/images/3/3b/Msn-100_2.gif

ボロは着てても

足も出ない

深刻な悩み

↓が「思いつめ」に見える
f:id:zushonos:20130522212133p:image

ひとりごと

あ、西日本のついででしたか。
鉄道なら瀬戸大橋、バスなら三つの橋、フェリーなら九州瀬戸内紀伊半島発があります。
四万十河口にいちばん近いところに上陸できるのは宿毛だと思いますがあの航路健在かしら。

ひとりごと

自走なら橋で三とおりの道が、東京からはバス、鉄道、フェリー、飛行機と、よりどりみどりですよ。私は和歌山経由で船が好きですが、ご近所会@宇部の帰りに光からフェリーで松山上陸というのもすてきですね。

ずしょ

しかしながら故郷の流儀では「やぶてる」じゃな。「こわてる」にはならないのがむずかしいところ、といいますよりも、我が故郷では、機械的な要素を持つものも「やぶてる」のではなかったか。もしかして宇部ではぜんぶ「やぶれ(て)」、嫁起源の鶴岡仙台ではぜんぶ「こわれ」なのか。

ずしょ

ところで嫁は衣類が破損したとき「こわれた」といいます。わたくしにとって「(有形のものが)こわれる」のは、機械的な要素を持つものであって、そうでないものは「やぶれる」ので、おどろきました。

ズボンがよく破けるのですが・・・

心と体に残るズボン破損
・宇部有料道路が非自動車専用だったころ、自転車で走っていて、ふと、ハンドル握る左右の手を入れ替えても走れるんではないかという思いに取りつかれ、実践したら派手に転倒し、プーマのジャージのズボンに穴あけた。膝にはペダルかなにかの金属によるわりとはっきりした深めのひっかき傷。
・自転車の傷から10年、ようやく目立たなくなってきたころ、バイクで故郷に帰るため、板橋区の自宅を早朝に出たその日の午前中、群馬県の塩野沢峠で路肩の砂を踏んで転倒。また膝に穴あき。その日は山中を走ってキャンプ。消毒液が入手できず、一週間後、故郷に着いたわたくしの膝は化膿して熱っぽかった夏。
・2年後、5000円とかき揚げ丼で譲ってもらったオフロードバイクで剣山スーパー林道を走っていた私はきっちり転倒。ジーンズ穴あき、膝穴もあき。前回の反省を活かし、中村の商店街にある古い薬局で消毒液を入手したが、この店がたいへん趣深く、心躍った(怖かった)。

このほかにも、何度も転倒していますが、ズボン以外は、傷だらけになっても穴はあかず。
やっぱりズボンはよく破けますね。


よしなしごとを

その仕事はやめておきなさい

仕事よしなよ

よしな、しごとを

原点回帰

大造じいさんズボン

空耳ならぬ空目


のりスペがあると教えてくれた。
専門学校の学生メインだからメニューに載せてないらしい

×
専門学校の学生スペインだからメニューに載せてないらしい


ズボンがよく破けるのですが・・・

衣類の破損は避けて通れぬ道ということですね!
かくいう私の衣類破損原初の記憶は小学校の修学旅行にそなえ、親(祖父母かも)が珍しく見栄をはり、新たに買い与えてくれた半ズボンが、修学旅行初日、宿の冷蔵庫の取っ手に引っ掛かって死亡したことです。この日ルーミンスが衝撃のホームランデヴューをかざったのをテレビで見ましたが、そのときはすでに破損していたんだろうなあ。

ズボンがよく破けるのですが・・・

ケンシロウやサイヤ人は、プーさんと同様に、上半身しか衣装を身に付けておらず、ああいう模様の下半身なのではないかと思いました

おはよう

>夜の睡眠の質が悪い

昼の睡眠自慢ですか!


ズボンがよく破けるのですが・・・

http://cdn.mkimg.carview.co.jp/minkara/photo/000/002/502/552/2502552/p2.jpg

電車内にて

向かいの席に向かって吊革持って立っているおっちゃんのおけつのあたりでスーツのパンツが擦りきれてパンツが覗いておる

梵天丸も

マクガイバー

空耳ならぬ空目

○異
×男

意味不明な事を言うスレ

[想像で語るハードぼんやりオフ]

俺のファンになってくださいに継ぐ拍木戸貴也新ネタを考えよう

大造じいさんのファン

異色コラボ

大造じいさんとサンバルカン

フランス語


ずしょ

答えがある程度決まっていて、そこにむりやり導くのもおもしろいなあ。
多少変質もとい偏執的なのでしょうか。

しりとり※美女限定

サラ・ウェイン・キャリーズ
Sarah Wayne Callies
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/6d/Sarah_Wayne_Callies_by_Gage_Skidmore.jpg/190px-Sarah_Wayne_Callies_by_Gage_Skidmore.jpg
ウォーキング・デッドのあのひと。1977年生まれですと!

インタビュー

レポーター「きょうはラグビーワールドカップの会場に来ています。世界トップレベルの試合をひとめ見ようと、多くの人が会場に詰めかけています。あっ、あそこに猟師のような身なりの方がいらっしゃいます。お話を聞いてみましょう。今日は、どのチームの試合を見にいらっしゃったのですか、やはり日本ですか」
大造じいさん「トンガ」

Digest powered by RSS Digest

Category : はてなハイク
Tags :

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.