月刊因数分解

です

本日のはてなハイク

Posted on : 2013年3月26日 | Leave a comment

オケだーっ

儲かるぞーっ

ずしょ

くもじい番組で常滑系招き猫という知識を得た私は自分が金持ちになってどなたかが店を出したときのお祝いに千万両の代わりに57億円を抱えた招き猫を作って贈呈したいと思ったのです

ご近所会@登戸

今週末の花見告知のためというわけではありませんが二ヶ領用水を歩くことになったので撮影。
土曜日は夜桜見ても良いかもねえ。
詳しくはreply元にて。
http://farm9.staticflickr.com/8234/8591350573_38365cc6ac.jpg
http://farm9.staticflickr.com/8372/8592456184_66735bc2bf.jpg
http://farm9.staticflickr.com/8100/8591358203_5a3932ec91.jpg

Aボタン→ジャンプ Bボタン→ダッシュ

北乃キー→
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20071127/1004817/thumb_350_04_px350.jpg

電車内にて

見渡す限りシートは着席済み、吊革使用率三割程度。
駅に着いたら、おばちゃんが席を立って降りた。目の前の吊革に捕まっていたおっちゃんは空席に座ろうとするが、そこにはまあるくってさんかくでのいちごみるくキャンディの包み紙がひとつ。
おっちゃんは1,2秒包み紙を見つめていたが、意を決し、包み紙の上に着席した。

ハイクでコナミコマンドを入力すると

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/bd/Sem-schilt.jpg/400px-Sem-schilt.jpg
セーム・シュルト

調子に乗ってる奴をパチンとしたいです。

一対一で行う、じゃんけんプラスアルファあそびの一種。

1.かけ声とともに対戦相手と手を打ち合わせ、じゃんけんする
2.じゃんけんで勝ったほう(以下、A)主導のエクストララウンド開始。1が出したのがグーなら「ぐんかん」、チョキなら「ちょうせん」、パーなら「はわい」と、二回ずつリズミカルに唱えながら、3.に備えて前腕をふる。唱えるのは基本的にAの仕事だが、対戦相手(以下、B)も唱和すると熱くなった気がする。前腕振るのは両者参加。
3.三回目のタイミングでエクストララウンドのための手をだす。出すときに、Aは、2.で説明した文言を一度だけ唱える。
4.勝負判定。AとBが同じ手を出したら(あいこだったら)Aの本勝ち。同じ手でなければ、通常のじゃんけんの基準で判定し、勝ったほう主導で2.からやり直し。
———-
という遊びの最初の掛け声は、わが故郷では「ぱーちん」であった。
こんな流れになる:
「ぱーちん」あいこ「ぱーちん」Aがグー出して勝つ「ぐんかんぐんかん」と唱えながら手をふりここで次の手「はわい」BはチョキだったのでB主導に変わる「ちょうせんちょうせん」腕振り「ちょうせん」Aもチョキ出していたのでBが叫ぶ「いえーい勝ったあ」


調子に乗ってる奴をパチンとしたいです。

猿、ゴリラと並び称されるあいつか

想像で語るまつエク

カタルーニャの全き独立運動(エクササイズ)

想像で語るまつエク

まつきやすたろうさんえ:くだらないこといわないで

想像で語るまつエク

魔女宗の典礼聖歌の一つ「エコエコアザラク」

電車内にて

高校生が、おそらくその場にいない同級生を評して
「ぶすをぶすと言って何が悪い」
その意気やよし。年をとるとなかなか思ったことを人前で口にするのが難しくなるぞ。いつまでつづけられるかな。

Digest powered by RSS Digest

Category : はてなハイク
Tags :

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.