月刊因数分解

です

アトラクト

Posted on : 2013年3月26日 | Leave a comment

テレビジョンプログラムにおいて「ほうら、この地域にはこんなにおかしな習慣/物があるんだよう」というだけの紹介では、なかなかその先に興味が行かないのではないかね。一応その後に「こんな背景があるんだよう」とあっても、その後にまたタレントかっこ笑いによる粉みかんでわっはっは。そんなことより人減らして関連付けの紹介に時間を割いてもらったほうが私には興味を広げやすい。
そうやって都合よく薄い印象に留めておいて同じ話を再利用する作戦か。
そもそも「おかしな習慣」という導入、それも当事者が自称するならともかく余所者が自分とこ主体でとなえるというのがあさましくおこがましいとは思わんかね。
だがしかし「何じゃこりは」で成り立つくもじい番組は好きなので自分に恐れ入る。物理的な視点が違うのと、ひとつの地域をある程度掘り下げる感じがするのがええんじゃろか。
DSC02325

Category : 編集後記ゲ
Tags :

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.