月刊因数分解

です

理容あずま-3

Posted on : 2012年1月26日 | Leave a comment

軍畑の本命が開いていなかったので、押さえとして調べておいた2軒のどちらに向かうか逡巡。北の飯能か、西の奥多摩湖畔か。
結局西へ。ついでにヤマセミが見られるという場所に寄ってみようと思っていたのだ。
国道を西に向かうと、工事由来の片側交互通行が多発。平日昼下がりで交通量は多くないが、なかなかやっかいだ。路面凍結箇所も散見され、雪はよく降りだして、予想以上に時間がかかる。途中でヤマセミ諦める。
しばらく走って金丸理容所に到着。

大きな地図で見る
散髪屋の休業日は、理容組合単位だかなんだかで決まっている気配があり、軍畑の店が閉まっていたので、奥多摩方面は火曜日休業ということも予想され、過去3回訪れていずれも営業していなかった金丸理容所が営業していることは期待していなかったが、近づいていくと、くるくる棒が回っているのがわかった。期待が高まる。その上、窓から、おっちゃんが外を覗いているではないか。人がいる。ヒャッホウ。
DSC08778
店の前に駐車する。店の中から談笑する声が漏れ聞こえる。これは営業中だな。
戸を開けて中を除いた。
さっき外を覗いていたおっちゃんが右手にいる。作業着のような服を着ていた。奥に、白衣を来たおっちゃんがいる。この人が理容師だろう。左手に、もう一人、作業着を着たおっちゃんがいて、理容椅子に座ろうとしていたのか、立ち上がったところか。
俺様は、誰に「お願いできますか」と尋ねる。右手のおっちゃんが不審そうな顔をする。ああ、これは家島で体験した、散髪しに来たと認識してもらえていないパターンだな。
あらためて「散髪お願いできますか」と尋ねると、店主が「まいったな、このあともう一人来るんだよね」と言う。これはあれだ、寄で体験したパターンだな。山間部だと、どうやら近くの現場で工事をしている人たちが理容店を利用することが多いようだな。
ともかく営業しているのは間違いないので、ここは出なおすんだな。
飯能方面に直行するのも癪なので、途中、奥多摩駅周辺の散髪屋を探す。googlemapsで見ると、とても狭い道沿いに散髪屋があるようなのだ。

大きな地図で見る
DSC08789
車は入れない路地だ。駐車して、雪の降る中を歩いて行くと、こんな道が続く。
飲み屋街の中に、理容室ではなく、美容室があった。あああgooglemapsで「理容」で検索すると美容室も引っかかるのですねこんちきしょう。ついでに予約客のみ受付。理容室ならこれまた絶好のロケイションなのにこんちきしょう。
諦めて、飯能の散髪屋を目指す。もう日が暮れかかっている。散髪屋を選り好みすると、いつもこうなってしまう。
比較的暗い場所にある店に訪れることが多いので、日が沈むと、店構えを堪能できないのが難点だ。もっとも、夕方以降に入店して、その日最後の客になった方が、ゆっくり相手してもらえることが多いようにも思うので、悪いことばかりでもないのだが。

続きはたぶん明日書く。

Category : 散髪, 編集後記ゲ
Tags :

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.