月刊因数分解

です

理容こいけ

Posted on : 2011年11月9日 | Leave a comment

昇仙峡を経由して小武川林道走って白州の理容こいけで散髪。交通手段はXT660R。
寒いので上着はインナー装着。薄手の首巻きも装着。
高速道路でがんばる車に道を譲る。ついていこうという気分にならないのは、季節によるものか、あるいは経年によるものか。メルツェデスの高そうな(でもたぶん一番高いわけではない)車ががんばっていたが、トップギアをみていると、あのあたりのやつは気にならなくなりますね。
DSC08168
鳥獣センター行っておくべきだった。甲府工業の強歩大会とやらに巻き込まれる。高成林道の途中の集落で、歩道の坂道に突入してしまい、最後を登りきれず、バックするはめになる。とてもとても恐ろしかった。事前に目を付けていた散髪屋は廃業していたように見えた。
16時過ぎに行き着いた理容こいけは、「国道から一本入ったところ」「屋号を外に出していない」という2点でなかなかのものと知れた。駐車場に犬が2匹。理容師のおっちゃんがおやつを投げ与えていた。バイクで乗り付けて、駐車場所を聞くと、ナンバーを確認され「川崎からかね」という感じで始まる。そのつかみやよし。
50代とおぼしき夫婦が理容師。おっちゃんに切ってもらう。椅子は2脚で、メーカー確認失念。そんなことはどうでもよくなるほど素敵な店だった。
おっちゃんはかつてバイクに乗っていたそうだ。現在は乗っていないが、最近、上野原にお住まいの従兄弟が乗り始めたという。また乗りたいような様子。
バイクは楽しかろう→しかしそろそろ寒くなりますよ→かつてはよく雪が積もったが、今はめっきり減った。
今日は一宮御坂で降りてきた→一宮御坂といえば、先日の台風のとき、八王子に行く用事があったが、一宮御坂で降ろされ、R20も通行止めで大変だった。
川崎といえば神奈川県、神奈川県に三男がいて、理容師だが、跡を継ぐかどうかは未定。
いろいろなところで散髪するのが好きだ→ときどき、一見のトラック運転手が、国道沿いの看板を見て来店する。大きな駐車場に止めて、歩いてくるのだ。就業時間外に、自宅近所で散髪するのが難しく、就業中は車を止めるのが難しいそうだが、この近所は大きな駐車場があり、好都合らしい。
3500円。4000円出したら釣りの500円とポケットティッシュが返ってきた。さらには、コーヒーと串団子を頂戴してしもうた。あまつさえ、ばあちゃん(たぶんおばちゃんの母親、この人も理容師、77歳だそうで)が自宅の畑で収穫してきたばかりの大根3本葉付きを頂戴してしもうた。屋号の掲示について問うたら「以前は出していたが」ということわりとともに理容こいけであると教えていただくとともに、マッチを頂戴してしもうた。そして次男(画家)の個展の案内はがきを頂戴してしもうた。あとクロレッツ。
いつかおみやげ持って再訪を決意。
DSC08203
DSC08204
帰りはやっぱり県境越えるとあたたたたたたかいね。

Category : 散髪, 編集後記ゲ
Tags :

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.